お問合せ
TEL / FAX
このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
お問合せフォーム

燕窩(アナツバメ巣)


製品評価

形が整っている / 色が白く美しい
シアル酸含有量 123.4ug  分析:(株)東レリサーチセンター
加工方法 水又は暖かい水で戻します。
80℃から85℃で2~3 時間煮込んで下さい。
調理方法 味付けで甘くする場合は氷砂糖等をいれます。
味付けなしでいろんな料理にトッピングします。
製品の保存について 直接日光にあてるとグリーンに変色します。
常温で日光に当たらない場所に保存して下さい。

お問い合わせはコチラ

アナツバメの巣PDF

 
 
 

燕窩(アナツバメ巣)の歴史

永遠の美貌、不老不死の源として食された健康食材

世界三大美人の一人、歴史上の美しい女性の代名詞として語られる「楊貴妃」が永遠の美貌を手に 入れる為に好んで食した「燕窩」
新朝時代では最高級贈答品として珍重され、第六代乾隆帝は遠征時、滋養を取るために「燕窩」が 欠かせませんでした。
また、清朝末には西大后も美容と不老長寿の源として、好んで「燕窩」を食したと言われています。 このように「燕窩」は1000 年以上に渡る長い歴史の間、理知ある人々によって食べ継がれてきた 高級健康商材です。

燕窩(アナツバメ巣)とは

白色で純度が高い程、貴重とされています

洞窟の中に集団で巣を作るアナツバメ。生息地はマレー半島、ジャワ、スマトラなど東南アジアのごく限られた地域で、最大の産地はインドネシアです。
アナツバメは唾液線から分泌される唾液で1 ヶ月をかけて巣作りしますが、その色は白、赤、黒に分かれており、白色で純度が高い程、貴重とされています。

生産地と流通経路

ハウスネスト製法だから、高品質でリーズナブルな燕窩を安定的にご提供できます

一般的に燕窩は、断崖絶壁の洞窟で採取されるため大変な危険を伴い、また一部の乱獲によって減少 が懸念され、手に入りにくい高級品です。
そこで、私どもはインドネシア共和国スマトラ島メダン近郊のハウスネストで採取されたものだけを 使用。品質はインドネシア産として最高級レベルです。
そして、我々は原産地メダンから長年にわたるネットワークを活かし直輸入できる事になりました。 だからこそ、高品質でリーズナブルな燕窩を安定的にご提供する事が可能になったのです。

※ ハウスネストとは、アナツバメが巣をつくるための専用の家屋で採取された燕窩の事をいいます。 これにより、常に安定した料を採取できるだけでなく、洞窟内で採取されるものに比べ、ゴミや不純 物の混入も少なく、採取時の状態も良好です。

シアル酸について

人の免疫機能と深くかかわるシアル酸

燕窩( アナツバメ巣) には人の免疫機能と深くかかわるシアル酸が豊富に含まれています。
シアル酸は母乳や脳神経細胞、生殖器官などの基本的生命維持に関わりの深い所に多く存在し、免疫力の向上、内蔵諸機関の機能強化、自然治癒力の向上などにかかわっていると考えられています。
シアル酸は日常の食生活では摂取が非常に難しく、現在存在する食材の中で摂取可能なのは、燕窩( ア ナツバメ巣) やローヤルゼリー等、ごく一部のものに限られます。
そして、燕窩( アナツバメ巣) にはローヤルゼリーの役200 倍のシアル酸が含まれています。